メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クルド

「独立賛成派が勝利」自治政府議長が宣言

 【アルビル(イラク北部)篠田航一】イラク北部のクルド自治政府が25日に実施した独立の賛否を問う住民投票で、自治政府トップのバルザニ議長は26日夜、テレビ演説で「独立賛成派が勝利した。私たちは新たなステージに進んだ」と述べ、勝利宣言をした。公式な開票結果は出ていないが、地元メディアが報じる中間集計では約9割が賛成票を投じているとされ、独立国家樹立に向けた「民意」が内外に示された格好だ。

 一方、クルド独立に関する住民投票の規定が憲法にないことを理由に、イラク中央政府は投票を「違憲」として認めていない。中央政府のアバディ首相は26日、クルド自治区内にある空港の管理権を29日までに中央政府側に引き渡すよう要求。従わない場合、国際線の発着を禁止すると表明した。自治区の中心都市アルビルでは欧州や中東諸国との国際線が運航されているが、既に一部の航空機は往来を停止している。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです