メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山噴火3年

鎮魂の祈り刻む 慰霊碑除幕

御嶽山噴火犠牲者を追悼する法要で、頭を下げる参列者たち=長野県王滝村で2017年9月27日午前10時15分、小出洋平撮影

 死者58人、行方不明者5人を出した2014年の御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害から3年を迎えた27日、御嶽山を望む長野県王滝村の松原スポーツ公園内に今年建立された慰霊碑の前で除幕式と追悼式が開かれ、遺族ら約220人が犠牲者の冥福を祈った。

 慰霊碑は、王滝村と同県木曽町などでつくる建立実行委員会が一般からも寄付金を募って、遺族の意見も取り入れて建てた。高さ約3メートルで、京都・清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)が揮毫(きごう)…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです