特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

安倍政権、危機管理アピールに腐心

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は26日、菅義偉官房長官と小野寺五典防衛相に対し、北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射に備え、衆院選期間中も東京都内で待機して危機管理にあたるよう指示した。両氏は首相官邸や防衛省へ原則30分~1時間で戻れる範囲にとどまるとしているが、地方遊説の日程や視察も入る中、28日の衆院解散に向けて政権は「万全な対応」のアピールに腐心しそうだ。

 菅氏は2014年の前回衆院選では、首相と同時に地方への応援演説で都内を離れる日が多かった。しかし今回は北海道に応援に1回入る以外は、都内や地元・横浜市を中心に行動する方針だ。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文571文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る