メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸空港

神戸市と「関西エアポート神戸」と実施契約

記者会見する(左から)小島一雄・オリックス副社長、山谷佳之・関西エアポート社長、久元喜造・神戸市長、エマヌエル・ムノント・関西エアポート副社長、ニコラ・ノートバール・ヴァンシエアポート社長=神戸市中央区の神戸市役所で2017年9月26日、猪飼健史撮影

 神戸市が管理する神戸空港の運営権売却(コンセッション)で、市は26日、売却先に決まった関西エアポートの子会社「関西エアポート神戸」と来年4月から42年間の運営権を移管する実施契約を結んだ。関西国際、大阪(伊丹)との3空港一体運営が正式決定し、神戸空港では民営化に向けた作業が始まる。

 記者会見で、子会社の社長を兼任する関西エアポートの山谷佳之社長は「3空港を一つの空港システムとして発…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです