防府市長

慰安婦言及教科書「採択中止願うはがき」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松浦正人・防府市長=山口県防府市役所提供
松浦正人・防府市長=山口県防府市役所提供

 全国市長会長を務める山口県防府市の松浦正人市長(75)は25日の定例記者会見で、慰安婦問題に言及する特定の歴史教科書を採択した複数の中学校に対し、採択中止を求めるはがきを送っていたことを認めた。「抗議文ではなく『お願い』として送った。(教科書の内容が)『反日極左』と感じた」などと語った。

 松浦市長によると、採択中止を求めたのは出版社「学び舎(しゃ)」(東京都)が…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集