メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校給食

牛乳異臭の訴え相次ぐ 都内の小中校で

 東京都新宿、板橋両区は26日、計約50の区立小中学校で、給食の牛乳を飲んだ児童生徒や教職員から、異臭がするなどの訴えが相次いだと発表した。牛乳の提供は25日。下痢を起こしたり、気分が悪くなったりした児童生徒が数人いた。いずれも間もなく回復したという。

 両区はいずれも明治戸田工場(埼玉県戸田市)の牛乳を給食に提供しており、26日から同社神奈川工場(神奈川県茅ケ崎市)の牛乳に変更した。明治と各区保健所で原因を調べている。

 聞き取りの結果、新宿区では29校の約1300人、板橋区は24校の約630人が「いつもの味と違う」「普段と違うにおいがする」などと訴えた。また、同じ戸田工場の牛乳を提供している渋谷区でも25日、区立小学校2校で児童2人が違和感を訴え、区は26日に製造工場を切り替えた。【五味香織】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]