衆院

冒頭解散 選挙戦混とん 与党、「雪崩」を警戒 民進・希望合流 一気に緊迫化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
民進党常任幹事会の冒頭、あいさつする前原誠司代表(左)。右は大島敦幹事長=東京都千代田区の同党本部で2017年9月28日午前10時42分、竹内紀臣撮影
民進党常任幹事会の冒頭、あいさつする前原誠司代表(左)。右は大島敦幹事長=東京都千代田区の同党本部で2017年9月28日午前10時42分、竹内紀臣撮影

 28日召集の臨時国会冒頭で衆院が解散されたことを受け、各党は選挙戦にむけて走り始めた。小池百合子東京都知事が解散直前に希望の党を設立し、さらに民進党が合流することになり、情勢は緊迫化している。与党内には「新党へ雪崩を打つかもしれない」(自民党閣僚経験者)と警戒感が広がっている。【村尾哲、松本晃】

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文951文字)

あわせて読みたい