メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「長生き」はリスクなの? 理想の死に方考える時

コラージュ・深澤かんな

 最期の迎え方を考える「終活」がブームになって久しい。誰もが健康で長生きしたいのだろうが、超高齢化社会に入った今、「安楽死」を希望する著名人も現れた。「長生き」のリスクは何なのか。そして、理想の死に方とは? 【小松やしほ】

 <八十歳を過ぎた頃から、もし認知症になったら安楽死がいちばんと思っています>

 脚本家の橋田寿賀子さん(92)が、月刊誌「文芸春秋」の2016年12月号で「安楽死で逝きたい」と表明し、賛否両論、大きな反響を呼んだ。

 ノンフィクション作家の松原惇子さん(70)は橋田さんの考えに賛同する一人だ。延命治療の現状やオラン…

この記事は有料記事です。

残り2471文字(全文2739文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです