メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

歌舞伎に進化した「マハーバーラタ」 歌舞伎座で来月上演

 紀元前に成立したインドの神話的叙事詩を歌舞伎化した新作「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」(青木豪脚本、宮城聰演出)が、東京・歌舞伎座の「芸術祭十月大歌舞伎」の昼の部で上演される。

 長編の中からカウラヴァ、パーンダヴァ両家の争いに焦点をあて、登場人物の名は漢字に置き換えた。争いを繰り返す人間界を平定する救世主にさせようと太陽神は象の国の汲手(くんてぃ)姫に迦楼奈(かるな)を産ませる。自身の出自を知った迦楼奈…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 日朝合弁10社 不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]