メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

歌舞伎に進化した「マハーバーラタ」 歌舞伎座で来月上演

 紀元前に成立したインドの神話的叙事詩を歌舞伎化した新作「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」(青木豪脚本、宮城聰演出)が、東京・歌舞伎座の「芸術祭十月大歌舞伎」の昼の部で上演される。

 長編の中からカウラヴァ、パーンダヴァ両家の争いに焦点をあて、登場人物の名は漢字に置き換えた。争いを繰り返す人間界を平定する救世主にさせようと太陽神は象の国の汲手(くんてぃ)姫に迦楼奈(かるな)を産ませる。自身の出自を知った迦楼奈…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  4. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  5. 関学大の裏方たち 「兄の分まで日本一に」勝負へのこだわり 部で初の女性主務~第74回毎日甲子園ボウルに向けて(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです