川口のいじめ

母親から経緯聴く 文科省、異例の対応 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 川口市の市立中学3年の男子生徒(14)がいじめを受け、市が「いじめ問題調査委員会」(第三者委)を設置した問題で、文部科学省の担当者が26日、生徒の母親(49)から経緯などを聴いた。文科省が、いじめの被害者側から直接聞き取りをするのは異例という。

 母親によると、生徒は中学入学直後から、所属するサッカー部内で仲間外れにされるなどのいじめを受け、昨年9月から半年間不登校になった。母親は学校や市教委に相談したが「部活動でのトラブル」とされ、いじめの重大事態として第三者委が設置されたのは訴えから5カ月後の2…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集