メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちばの底力

「アートな感覚」の卓球台 三英 /千葉

 卓球台の国内トップメーカー。リオデジャネイロ五輪では、ボールの弾みが均一の天板と、東日本大震災被災地のブナ材を使った美しい曲線が印象的な脚部を持つ「インフィニティー」が公式台に採用され、日本の技術力の高さを印象づけた。

 世界の舞台に初めて登場したのは、1992年のバルセロナ五輪だった。天板の色をそれまでのグリーンではなく鮮やかなブルーに変更し、脚光を浴びた。しかしその後の五輪で台が採用されることはなかった。三浦慎社長(55)が…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです