メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちばの底力

「アートな感覚」の卓球台 三英 /千葉

 卓球台の国内トップメーカー。リオデジャネイロ五輪では、ボールの弾みが均一の天板と、東日本大震災被災地のブナ材を使った美しい曲線が印象的な脚部を持つ「インフィニティー」が公式台に採用され、日本の技術力の高さを印象づけた。

 世界の舞台に初めて登場したのは、1992年のバルセロナ五輪だった。天板の色をそれまでのグリーンではなく鮮やかなブルーに変更し、脚光を浴びた。しかしその後の五輪で台が採用されることはなかった。三浦慎社長(55)が…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]