メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちばの底力

「アートな感覚」の卓球台 三英 /千葉

 卓球台の国内トップメーカー。リオデジャネイロ五輪では、ボールの弾みが均一の天板と、東日本大震災被災地のブナ材を使った美しい曲線が印象的な脚部を持つ「インフィニティー」が公式台に採用され、日本の技術力の高さを印象づけた。

 世界の舞台に初めて登場したのは、1992年のバルセロナ五輪だった。天板の色をそれまでのグリーンではなく鮮やかなブルーに変更し、脚光を浴びた。しかしその後の五輪で台が採用されることはなかった。三浦慎社長(55)が…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです