特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

北信越地区県大会 4強出そろう ウェルネス延長戦制す 松商学園は快勝 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【松商学園-松本深志】八回表松商学園1死一、二塁、直江の適時三塁打で生還する一塁走者の大和久=県営上田野球場で 拡大
【松商学園-松本深志】八回表松商学園1死一、二塁、直江の適時三塁打で生還する一塁走者の大和久=県営上田野球場で

 第137回北信越地区高校野球県大会は27日、長野市の長野オリンピックスタジアムなどで準々決勝4試合があり、4強が出そろった。シード校の佐久長聖は創造学園に五回コールドで大勝。今夏の甲子園に出場した松商学園は直江大輔投手(2年)が完封し、松本深志に快勝した。ウェルネスは延長十一回の接戦を制し、シード校の上田西に勝利した。長野日大は終盤で突き放し、追いすがる岡谷南を振り切った。準決勝2試合は30日、県営上田野球場で行われる。【島袋太輔】

 <県営上田野球場>

 ▽準々決勝

松商学園

  003000032=8

  000000000=0

松本深志

 (商)直江-大和久

 (深)小林綾-志茂

▽三塁打 直江(商)寺川(深)

▽二塁打 山本2、木内(商)小林絃(深)

長野日大

  040001121=9

  001003000=4

岡谷南

 (長)菱田、三石-佐藤

 (岡)山岸、飯田、那須野-小池

▽三塁打 山岸、五味(岡)

▽二塁打 春原、山崎(長)

 <長野オリンピックスタジアム>

 ▽準々決勝

ウェルネス

  10010010002=5

  01000200001=4

上田西

 (延長十一回)

 (ウ)高山-内藤

 (上)塚田、小金沢、宮尾-宮坂

▽三塁打 塚田(上)

▽二塁打 塚田、荒井(上)

佐久長聖 06076=19

創造学園 02000=2

 (五回コールド)

 (佐)北畑-有木、小山

 (創)後藤、松本、村田、八剣、鈴木-小林

▽三塁打 上神(佐)

▽二塁打 西藤、有木、斎藤、堀北、北畑2、樋口(佐)


平常心で投打に貢献 長野日大・菱田大雅投手(2年)

 今秋から背番号1を背負ったが、北信地区予選では「打たせて取り、要所では三振を奪う」という自分が理想とする投球ができなかった。県大会初登板となる岡谷南戦では「緩急をつけることを目標にした」。無四球で5回を1失点にまとめ、佐野坂均監督は「(ゲームを)よくつくってくれた」とたたえた。

 投げるだけでなく打者としても貢献した。二回1死満塁で、内角の直球を右前に運ぶ先制打。「個々の力だけでは勝てない。一丸で強豪に立ち向かう」と全員で打撃や走塁などの基礎練習に取り組んで磨いてきた、つなぎの意識を見せた。

 学校は5月からグラウンドの工事を行っており、試合形式の練習ができていない。打者からのプレッシャーのかかるピンチを想定した練習などはできないが、「無いものを嘆いても仕方ない」。内野しか使えないグラウンドでも打者を意識し、一球一球に集中して練習に取り組んでいる。

 4強入りし、2014年秋以来の北信越地区大会は目の前だ。「地に足をつけて一つ一つやるだけ」と平常心で挑む。【島袋太輔】

次に読みたい

あわせて読みたい