メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
ソーシャルスキル

授業で人間関係悪化など防ぐ 静大と連携、伊東高城ケ崎分校導入 /静岡

SST講座を受ける伊東高城ケ崎分校の生徒ら=伊東市八幡野で

 県立伊東高城ケ崎分校(伊東市八幡野)は、静岡大(静岡市駿河区)と連携し、人間関係を円滑にするために必要な「ソーシャルスキル」を教える授業を取り入れている。生徒のコミュニケーション力不足を感じた分校の教員が、いじめや人間関係の悪化が原因での中退の防止に役立てようと約2年前に始めた取り組み。静岡大教育学部の小林朋子教授(発達教育学)は「数年にわたって『ソーシャルスキルトレーニング(SST)』を導入する高校は県内では初めてでは」と話す。

 小林教授によると、SSTは講義やグループ学習などを通して子どもの社会性を育むための教育プログラムで…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文840文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  2. 地震 大阪府北部で震度6弱
  3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
  5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]