衆院選2017

民進解党、合流へ 急転「自民VS希望」に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 希望の党が結党記者会見を開いた27日、民進党は希望に合流する党内調整を進めた。両党が別々に衆院選候補者を立てれば、政権批判票を食い合って安倍晋三首相を利するだけ。壊滅的な惨敗も予想された野党第1党が、結成されたばかりの新党に吸収される劇的な展開となった。衆院選は「自民対希望」という2大政党対決の様相を呈し、希望側の首相候補として小池百合子代表(東京都知事)が出馬するかが注目される。

この記事は有料記事です。

残り2983文字(全文3176文字)

あわせて読みたい