メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

東海地震 「予知不能」へ転換=飯田和樹(東京科学環境部)

小此木八郎防災担当相(右)に報告書を手渡す有識者会議主査の平田直・東京大教授=東京都千代田区で26日、金森崇之撮影

 数日先の東海地震発生を予知し、首相が警戒宣言を出す。これにより、強制的に鉄道を停止させるなど社会を網羅するさまざまな規制をかけて被害を最小限に抑える--。こんな対応を描いた大規模地震対策特別措置法(大震法)の仕組みに対し、国の中央防災会議の有識者会議は26日、見直しが必要だとする報告書を公表した。そもそも前提となる正確な地震予知は不可能だと、多くの研究者が知っていた。その現実を1978年の法施行から39年たってようやく追認した。「起こるかもしれない」といった程度のあやふやな「予測」しかできないのが今の地震学。その実力を防災に生かす方法があるのかどうか、これから始まる検討こそ早く始める必要があった。地震発生は刻一刻迫っているのに、現制度に固執して失った時間は長い。早急に議論を深めなければならない。

 報告書は内閣府で、有識者会議の平田直(なおし)主査から小此木八郎防災担当相に手渡された。

この記事は有料記事です。

残り1643文字(全文2041文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです