メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟・柏崎刈羽原発

来週にも「合格」 規制委、審査書案の議論開始

 原子力規制委員会は27日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)が新規制基準に適合しているとした審査書案を提示し、議論を始めた。福島第1原発事故を起こした東電が再び原発を運転する適格性について規制委は認める方針を決めており、早ければ来月4日にも審査書案を了承し、6、7号機は事実上、審査に合格する見通しとなった。

 福島第1原発と同じ沸騰水型の原発としても、東電の原発としても、審査書案が提示されたのは初。審査書案了承後、国民からの意見募集や経済産業相らからの意見聴取を経て、今冬にも正式に審査合格となる見込みだが、米山隆一・新潟県知事が再稼働に慎重な姿勢を示している。

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです