メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

面前DVに遭って 第2章/上 両親の暴力目撃、影響多岐

 全国の児童相談所(児相)が2016年度に対応した児童虐待の件数は、過去最多の12万2578件(速報値)。そのうち子どもの前で親が配偶者に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」などの心理的虐待が半数を占める。面前DVを受けた子どもたちへの支援は待ったなしだが、現実は厳しい。

 ●腹痛訴え保健室へ

 薄暗い寝室で、幼い声がつぶやいた。「もう、この家出て行きたい……」

この記事は有料記事です。

残り2208文字(全文2397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです