メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

就活商法 将来不安から受講契約

 就職活動(しゅうしょくかつどう)中の学生を狙(ねら)い、英会話や就(しゅう)活(かつ)向(む)け講座の受講を迫(せま)る強引な勧(かん)誘(ゆう)が問題になっている。

 就職活動をしている愛知県の大学生Aさん(21)は、ある会社説明会の帰りに呼び止められ、就活に関するアンケートに答えた。すると後日、「就職に役立つ」と電話で呼び出され、英会話教室の契(けい)約(やく)を勧(すす)められた。ためらったが、「もう大人(おとな)なんだから自分で決めて」「費用はバイトで払(はら)える」などと説得され、結局約60万円の契約をした。

 東京都内の大学生Bさん(22)も、就職説明会の会場を出たところでアンケートに回答。「就活向け講座の説明会に参加しないか」と誘(さそ)われ、営業所で一日中勧誘を受けた。「家に帰って考えたい」と伝えたが、「いま決めないと駄(だ)目(め)」と迫られ、契約してしまった。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 東京で新たに1592人の感染確認 日曜日では過去最多

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです