メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
科学の森

ノーベル賞、来週発表 日本の候補は 4年連続の受賞なるか

 ノーベル賞(自然科学)の発表が10月2日から始まる。過去の日本の受賞者は計22人(米国籍の2氏含む)。特に2000年以降では17人が受賞しており、予算削減など国内の研究環境悪化が懸念される中、日本の研究者が4年連続で受賞するかどうか注目される。【荒木涼子】

 ●医学生理学賞(2日)

 生体の機能解明や創薬、治療法などの功績に贈られる。昨年は生物の細胞内でたんぱく質を再利用する仕組みを解明した大隅良典・東京工業大栄誉教授(72)が受賞した。

 注目は、今年のガードナー国際賞受賞が決まった遠藤章・東京農工大特別栄誉教授(83)だ。大隅氏も15…

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1806文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです