連載

今どきサイエンス

科学の今に迫る話題を追いかけます。

連載一覧

今どきサイエンス

豪雨災害への備えを確かに=鴨志田公男

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 この夏、1時間当たりの雨量が300ミリに達する、とてつもない大雨を体験した。

 雨音に遮られ、話し声が伝わらない。視界もきかない。傘をさしていても、地面から跳ね返る水滴で、ズボンはびしょぬれになった。

 茨城県つくば市でのこと。ただ、自然の雨ではなく、防災科学技術研究所が持つ大型降雨実験施設での体験だ。

 3000平方メートル超の範囲に人工雨を降らすことができる施設で、実物大の土砂災害実験はもちろん、豪雨時の自動運転車の挙動試験などにも使われているそうだ。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1106文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集