大阪・吹田市

再生エネ比で電力購入 関電から切り替え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪府吹田市は10月、市が使う電力の購入先について、太陽光発電などの再生可能エネルギー比率の高い新電力会社に切り替える。再エネ比率を主な条件にした競争入札を行ったところ、再エネ比率が関西電力の約4・4倍の新電力が落札した。電力の入札で国は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の少なさを主な評価項目にしている。環境省によると、国と同様の方法の自治体はあるが、再エネ比率を最重視する報告はなく、吹田市が初とみられる。

 落札したのは、再エネ比率が全電源の61・82%(2015年度実績)を占めるV-Power(ブイパワー)社(東京都品川区)。入札は6月にあり、V社1社が応札した。年間の電力約2100万キロワット時を、予定価格の70・5%の約4億4540万円で落札した。同社の再エネはすべて太陽光発電という。切り替えるのは、市庁舎や小中学54校、図書館、博物館などの79施設。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文965文字)

あわせて読みたい

注目の特集