メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・吹田市

再生エネ比で電力購入 関電から切り替え

 大阪府吹田市は10月、市が使う電力の購入先について、太陽光発電などの再生可能エネルギー比率の高い新電力会社に切り替える。再エネ比率を主な条件にした競争入札を行ったところ、再エネ比率が関西電力の約4・4倍の新電力が落札した。電力の入札で国は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の少なさを主な評価項目にしている。環境省によると、国と同様の方法の自治体はあるが、再エネ比率を最重視する報告はなく、吹田市が初とみられる。

 落札したのは、再エネ比率が全電源の61・82%(2015年度実績)を占めるV-Power(ブイパワ…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文965文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  3. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  4. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集 社長「常識を逸脱」 明確な謝罪なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです