メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
NEWSつくば

常陽新聞元記者たちが再起 ウェブで出発

準備を進めるNEWSつくばの記者ら=茨城県つくば市吾妻3の筑波学院大内の編集室で

 経営不振から今年3月末で休刊した茨城県南部地域の日刊紙「常陽新聞」の元記者たちが来月1日、地域ニュースを発信するウェブサイト「NEWSつくば」を開始する。運営を支える寄付の受け皿となるNPO法人を設立。計画に賛同した筑波学院大(同県つくば市)が提供したキャンパス内の1室を編集拠点とする。編集責任者の米内隆さん(57)は「全国紙などが取り上げない独自のニュースを取り上げていきたい」と話している。【宮田哲】

 常陽新聞は1948年創刊の地域紙。2013年に廃刊したが、別の経営者が新社を設立して14年2月に再…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文940文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです