メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSつくば

常陽新聞元記者たちが再起 ウェブで出発

準備を進めるNEWSつくばの記者ら=茨城県つくば市吾妻3の筑波学院大内の編集室で

 経営不振から今年3月末で休刊した茨城県南部地域の日刊紙「常陽新聞」の元記者たちが来月1日、地域ニュースを発信するウェブサイト「NEWSつくば」を開始する。運営を支える寄付の受け皿となるNPO法人を設立。計画に賛同した筑波学院大(同県つくば市)が提供したキャンパス内の1室を編集拠点とする。編集責任者の米内隆さん(57)は「全国紙などが取り上げない独自のニュースを取り上げていきたい」と話している。【宮田哲】

 常陽新聞は1948年創刊の地域紙。2013年に廃刊したが、別の経営者が新社を設立して14年2月に再スタート。つくば、土浦両市など県南を中心に、週6日タブロイド紙を発行し、地域に密着したニュースを掲載していた。しかし月数百万円の赤字が続いて3年余りで再び休刊になった。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです