メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市

外国人観光客誘致へ米エクスペディアと協定

和服姿で並んで協定書を示すエクスペディアグループのマイケル・ダイクス氏(左)と門川大作・京都市長=京都市中京区で2017年9月27日、篠田直哉撮影

 世界75カ国以上の35言語で200以上のインターネットサイトを展開し、米国を拠点とするオンライン旅行会社の日本法人、エクスペディアホールディングスと京都市が27日、地域活性化包括連携協定を結んだ。外国人観光客の誘致拡大や体験型観光の強化などを通じ協力し、宿泊客数と滞在日数を増やす取り組みを推進していく。同社が国内の自治体と包括協定を結ぶのは初めて。

 具体的には、エクスペディアが海外で展開する複数のサイトに京都特集ページを新設▽エクスペディアが持つ…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです