特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院解散

選挙グッズ業者バタバタ 短期決戦へ注文続々

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
選挙用品が所狭しと並ぶ、レンタル会社の倉庫=愛知県東海市の近藤産興東海機材センターで2017年9月27日、横田伸治撮影
選挙用品が所狭しと並ぶ、レンタル会社の倉庫=愛知県東海市の近藤産興東海機材センターで2017年9月27日、横田伸治撮影

 衆院は28日に解散され、10月10日公示、22日投開票の選挙戦が事実上始まった。短期決戦で、愛知県内の「選挙グッズ」関連業者には立候補予定者からの問い合わせや注文が相次ぎ、準備に追われている。一方で、運動会など行事が多い秋の繁忙期と重なり、「選挙特需を取り込めない」と、ため息を漏らす業者もいる。

 事務用品などのレンタル会社「近藤産興」(名古屋市南区)では、東海地方を中心に、立候補予定者や選管から関連用品の注文が集中している。机1500個、いす2000個以上のレンタルを受注した。「必勝はちまき」も3000本以上が売れた。近藤成章社長(83)は「(秋の選挙は)冷暖房の注文がないのは残念だが、短期戦を全力で突っ走ります」と意気込…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文792文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る