タトゥー

「入れ墨彫りは医療行為」彫り師に罰金15万円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪地裁に向かう増田太輝被告(中央)ら=大阪市北区で2017年9月27日午後1時3分、平川義之撮影
大阪地裁に向かう増田太輝被告(中央)ら=大阪市北区で2017年9月27日午後1時3分、平川義之撮影

大阪地裁判決 医師法違反と判断

 入れ墨(タトゥー)を彫るのは医療行為に当たるかどうかが争われた医師法違反事件で、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は27日、「医療行為に当たる」と判断し、同法違反罪に問われた大阪府内の彫り師、増田太輝被告(29)に対し罰金15万円(求刑・罰金30万円)の有罪判決を言い渡した。

 医師法は、何が医療行為に当たるか明示しておらず、入れ墨を医療行為と示した司法判断は初めて。増田被告は無罪を主張しており、即日控訴した。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文642文字)

あわせて読みたい

注目の特集