メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タトゥー

「入れ墨彫りは医療行為」彫り師に罰金15万円

大阪地裁に向かう増田太輝被告(中央)ら=大阪市北区で2017年9月27日午後1時3分、平川義之撮影

大阪地裁判決 医師法違反と判断

 入れ墨(タトゥー)を彫るのは医療行為に当たるかどうかが争われた医師法違反事件で、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は27日、「医療行為に当たる」と判断し、同法違反罪に問われた大阪府内の彫り師、増田太輝被告(29)に対し罰金15万円(求刑・罰金30万円)の有罪判決を言い渡した。

     医師法は、何が医療行為に当たるか明示しておらず、入れ墨を医療行為と示した司法判断は初めて。増田被告は無罪を主張しており、即日控訴した。

    憲法上の「表現の自由」や「職業選択の自由」を侵害せず

     判決によると、増田被告は2014年7月~15年3月、大阪府吹田市の店舗で、医師免許がないのに女性客3人に入れ墨を施した。

     弁護側は「入れ墨は疾病の治療や予防を目的とした医療行為ではない。医師法の適用は彫り師の仕事を奪い、憲法上の表現や職業選択の自由を侵害する」と主張していた。

     判決は、入れ墨は皮膚障害やアレルギー反応を引き起こす危険性があり、医学的な知識や技能が不可欠だと指摘。「医師が行わなければ、保健衛生上の危害を生じる危険性がある」と判断した。

     憲法との兼ね合いについては、「入れ墨の危険性を考えれば、表現の自由として保障された権利とは認められない」と否定。健康被害を防止するという公共の利益のため、規制は職業選択の自由にも反しないと結論付けた。

     増田被告は15年8月に略式起訴され、その後に罰金30万円の略式命令を受けたが、納付を拒否し、正式な裁判に移行していた。【原田啓之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    2. 山陽新幹線 姫路駅で人身事故 新大阪-博多運転見合わせ
    3. KYB 不正装置の建物名70件を公表
    4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
    5. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです