メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タトゥー

「入れ墨彫りは医療行為」彫り師に罰金15万円

大阪地裁に向かう増田太輝被告(中央)ら=大阪市北区で2017年9月27日午後1時3分、平川義之撮影

 入れ墨(タトゥー)を彫るのは医療行為に当たるかどうかが争われた医師法違反事件で、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は27日、「医療行為に当たる」と判断し、同法違反罪に問われた大阪府内の彫り師、増田太輝被告(29)に対し罰金15万円(求刑・罰金30万円)の有罪判決を言い渡した。

 医師法は、何が医療行為に当たるか明示しておらず、入れ墨を医療行為と示した司法判断は初めて。増田被告は無罪を主張しており、即日控訴した。

 判決によると、増田被告は2014年7月~15年3月、大阪府吹田市の店舗で、医師免許がないのに女性客3人に…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです