衆院選

小池都知事会見詳報(3)「意思決定の場をリセット」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨む希望の党代表の小池百合子都知事=東京都千代田区の日本プレスセンターで2017年9月28日午後4時8分、渡部直樹撮影
記者会見に臨む希望の党代表の小池百合子都知事=東京都千代田区の日本プレスセンターで2017年9月28日午後4時8分、渡部直樹撮影

「文部科学行政こそリセットすべきだ」 大学の国際競争力など本質的な議論を

 小池 そこで、私がちょっと紹介しておきたいのは……せっかくパワポ(パワーポイントの資料)を作ってきたので、ちょっと使っていいですか(笑い)。

 日本と東京の人口の推移は、(前回の東京五輪の)1964年と今では、まったく様相が違う。東京は日本で一番人口が多く、一極集中しているということで、東京23区内の大学の定員数を抑制することが閣議決定され、立法措置になるという話だ。また、アジアの大学ランキングで東京大学はこれまでずっと1位だったが、もはやシンガポール大学など、アジアの他の大学の後塵(こうじん)を拝するようになった。世界で見ると、2016年の段階で東大は39位だったのが、今年はなんと46位に後退している。京都大学は順位を上げている。

 23区内の定員の増減をどうするこうする前に「日本の大学は世界から見てどうなのか」という本質論を考えなければならない。「23区内の大学の定員数をどうするのか」という問題に矮小(わいしょう)化して、それで東京一極集中が解決できるかのような弥縫(びほう)策はやめなければならない。

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1809文字)

あわせて読みたい