メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

貿易協議入り「遠い」 EU、厳しい見方崩さず 離脱交渉

 【ブリュッセル八田浩輔】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る第4回交渉会合は28日、4日間の日程を終えた。EUのバルニエ首席交渉官は終了後の記者会見で、英国のメイ首相が22日の演説で示した新たな離脱方針が「交渉を活性化させた」と評価する一方、10月を目標とする貿易協議の開始に至るには「数週間、あるいは数カ月が必要」と厳しい見方を崩さなかった。

 メイ氏は演説で、2019年3月末の離脱後に経済活動の激変緩和措置として2年程度の移行期間を設ける考…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです