メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

県立盛岡一高/8止 卒業生、私の思い出 /岩手

在校生や卒業生の活躍を紹介する「白堊通信」

 8月から2カ月にわたって連載してきた「母校をたずねる」県立盛岡一高編。紙面と毎日新聞ニュースサイトで募集した「私の思い出」に、多くの卒業生の方々からご投稿をいただきました。最終回の今回、その一部をご紹介します。

やたら多かった歌の洗礼 無職、小泉信明さん(77)=1958年度卒、東京都国分寺市

 入学して最初に受けたのが、校歌と10番まである応援歌の洗礼だ。他にも凱歌(がいか)や壮行歌、敗戦歌、ストーム凱歌、駅頭走行歌(鉄壁白亜城)等、やたらと多く、上級生の監視、指導の下で必死になって歌いまくった。

 下小路の伯母の家から報恩寺、赤坂医院の前を通り、上田までの徒歩で30分強が我が通学路。当時、周りは…

この記事は有料記事です。

残り1855文字(全文2156文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
  5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]