メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 戸栗美術館(東京都渋谷区) /東京

輸出向けの大型の作品をまとめて展示した、開催中の18世紀の伊万里焼の作品を紹介する企画展=戸栗美術館で

切り口は「わかりやすさ」

 京王井の頭線の神泉駅から坂道を上ると、おしゃれなタイルの外壁が見える。周囲は住宅街で、にぎやかな渋谷駅周辺とは感じないほど静かな場所だ。

 日本でも数少ない、伊万里焼を中心とした陶磁器専門の美術館。実業家だった戸栗亨氏(1926~2007年)が昭和40年代から収集した、伊万里焼や鍋島焼などの肥前磁器、中国、朝鮮などの東洋磁器など約7000点のコレクションを保存、公開するため、1987年、旧佐賀藩主、鍋島家の屋敷跡に開館した。

 一部の愛好家のものと思われがちな陶磁器だが、同館が重視するのは「わかりやすさ」だ。学芸員の黒沢愛さ…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです