メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

定数1減、短期戦開幕 立候補予定者ピリピリ /三重

立候補が予想される顔ぶれ

 衆院が28日、解散された。定数が1減となった県内4小選挙区に立候補を予定している13人の陣営は一斉に選挙準備を加速させた。ただ、民進党は解散直後に新党「希望の党」との事実上の合流が決まり、各陣営は急きょ後援会や選挙対策の会合を開くなど対応に追われた。唐突な解散による衆院選は10月10日公示、22日投開票の短期決戦。事実上の選挙戦がスタートした。【田中功一、松本宣良、山本萌】

この記事は有料記事です。

残り1532文字(全文1721文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです