メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

録音図書

洲本のボランティア、発行300号達成 小説、時事や話題ものなど朗読 /兵庫

笑顔で完成した300号を手にする樫の木グループの女性たち=兵庫県洲本市の市総合福祉会館で、登口修撮影

 洲本市の朗読ボランティア「樫の木グループ」が全国の視覚障害者に届けている録音図書「かしの木」が9月発行号で300号に達した。1976年5月に第1号を発行してから41年間続けてきた。会員たちは「さらに400号を目指して頑張りたい」と意気込んでいる。

 同グループは74年10月に発足。現在、洲本市と南あわじ市の女性11人が活動している。録音図書は小説やエッセー、時事問題、淡路島の話題などを朗読し、90…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです