メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院解散

希望「合流」、対応手探り 公認不透明、困惑も /広島

県議会の控室で、衆院解散を伝えるテレビ画面を見つめる政党幹部=広島市中区で、竹内麻子撮影

 衆院が解散した28日、県内でも10月10日の公示、22日の投開票に向けて、事実上の選挙戦がスタートした。ただ、野党第1党の民進は党の候補者は擁立せず、立候補予定者は小池百合子都知事が代表を務める希望の党に公認申請を出すことを両院議員総会で了承した。県内では、前向きに捉える声がある一方、全員が希望から公認をもらえる保証はなく、困惑する陣営もあった。【衆院選取材班】

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです