メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院解散

希望「合流」、対応手探り 公認不透明、困惑も /広島

県議会の控室で、衆院解散を伝えるテレビ画面を見つめる政党幹部=広島市中区で、竹内麻子撮影

 衆院が解散した28日、県内でも10月10日の公示、22日の投開票に向けて、事実上の選挙戦がスタートした。ただ、野党第1党の民進は党の候補者は擁立せず、立候補予定者は小池百合子都知事が代表を務める希望の党に公認申請を出すことを両院議員総会で了承した。県内では、前向きに捉える声がある一方、全員が希望から公認をもらえる保証はなく、困惑する陣営もあった。【衆院選取材班】

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1282文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです