メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小泉八雲

「怪談」テーマに朗読や踊り 安芸高田 /広島

小泉八雲の「怪談」を音と踊りで表現したライブ=広島県安芸高田市吉田町の茶房いなだで、岡本幸信撮影

 明治の作家、小泉八雲の作品集「怪談」をテーマにしたライブ「語り舞い奏でる小泉八雲の夕べ」がこのほど、安芸高田市吉田町吉田の茶房いなだで開かれた。

 「怪談」から「人を食らう鬼」「守られた約束」など4作品を、福岡県筑豊地域で活動するユニット「侘(わ)び助」の萬田陽子さんが朗読し、上田たけしさんがギターやピアノを即興で演奏。「表現集団万華鏡」の樹里さんが舞踏で表現した。

 茶房の23席だけの狭い空間に、朗読の声とギターの音色が怪しく響き、観客は舞踏の魅力に引き込まれてい…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文490文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです