メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017衆院選みやざき

衆院解散 若者も1票の重み感じて 学生団体「ライツ」啓発活動 代表の池田さん、論戦に期待 /宮崎

「若者に選挙に行ってほしい」と話す池田さん

 衆院が解散された28日、県内の各陣営は総選挙へ向けて走り出した。今回の衆院選は、選挙権年齢が18歳以上に引き上げられて初の政権選択選挙となる。宮崎公立大(宮崎市)で選挙啓発に取り組む学生団体「ライツ」は、これまで高校への出前講座で模擬選挙を開くなどして、1票の大切さを訴えてきた。代表を務める公立大3年の池田恵さん(20)は「候補者や政党には私たちの未来が明るくなるような明確なビジョンを示してほしい」と論戦の盛り上がりに期待している。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  2. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  3. いじめ訴える女児に適切な対応せず、自殺未遂 山口・下関の市立小

  4. 悼む 大相撲の井筒親方、元関脇・逆鉾 井筒好昭さん=9月16日死去・58歳

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです