衆院選2017

民進、見切り発車 歴史「リセット」拍手で了承 希望と合流

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
民進党両院議員総会後の記者会見を終え、会場を後にする前原誠司代表=東京都千代田区の党本部で28日、竹内紀臣撮影
民進党両院議員総会後の記者会見を終え、会場を後にする前原誠司代表=東京都千代田区の党本部で28日、竹内紀臣撮影

 民進党は28日、希望の党への合流に向けて見切り発車した。同日に非公開で行われた両院議員懇談会では、希望側の候補者選定などに関する質問が相次いだが、前原誠司代表は「私と小池氏で調整してしっかりやる」などと述べるにとどめ、民進側の要求が通るかは不透明だ。それでも党勢低迷から抜け出せない民進党は、背に腹は代えられない。1996年の旧民主党、98年の民主党結党から約20年の歴史を「リセット」する方針が拍手で了承された。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文958文字)

あわせて読みたい