衆院選2017

4野党共闘白紙 共産・社民は協力

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 共産党の志位和夫委員長は28日、国会内で開いた党会合で、衆院選での希望の党対応について「民進党の候補者が希望の党の公認候補となった場合、原則として候補者を擁立して戦うのは当然だ」と述べ、対立候補を擁立する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文216文字)

あわせて読みたい