メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

原子力規制委 田中体制の5年=岡田英(東京科学環境部)

原子力規制委員会発足式で訓示する田中俊一委員長=東京都港区で2012年9月19日、矢頭智剛撮影

 ◆岡田英(えい)

 原発の安全規制を担う原子力規制委員会が発足して今月で5年。東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえた組織には、二度と惨事を繰り返さないという決意があったはずだ。だが今月、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働を巡り東電の原発事業者としての「適格性」を認めた経緯などを見ると、初期の緊張感が失われていると感じる。初代委員長の田中俊一氏(72)に代わり、委員長代理から今月就任した更田豊志(ふけたとよし)氏(60)が規制委を率いるが、原点に立ち返る姿勢が問われる。

 東日本大震災翌日の2011年3月12日朝。私は福島第1原発がある福島県大熊、双葉両町を通る国道6号を車で通過し、津波被害が伝えられる南相馬市を目指していた。原発は制御が利かなくなり、原発10キロ圏への避難指示が政府から出され、道路は大渋滞。政府は「ただちに健康に影響はない」と言うだけで詳細な状況の説明はなかった。不安が募る中、住民避難用のバスの運転手がガスマスクをつけているのが見えた。放射性物質…

この記事は有料記事です。

残り1642文字(全文2082文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです