メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マクロン仏大統領

EU改革案を提唱 難民審査機関など

EU改革案について語るマクロン仏大統領=パリのソルボンヌ大学で26日、ロイター

 【パリ賀有勇、ベルリン中西啓介】ドイツ連邦議会総選挙を受け、欧州連合(EU)改革をメルケル独首相とともに進めることに意欲をみせるマクロン仏大統領が、治安や経済などの分野でEU改革案を提唱した。

 マクロン氏は26日、パリの大学で演説し、EUとして共通の▽防衛予算と即応部隊▽テロ捜査に当たる検察▽難民審査機関--の創設などを提唱し、加盟国の連携の必要性…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです