特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 渡辺明竜王-稲葉陽八段 第17局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

苦慮する渡辺

 図は稲葉が[後]7四角と放ったところ。稲葉の通計消費はたったの45分。いったい、どこまで研究済みなのか。

 局後に稲葉は「[後]7四角あたりまで想定手順」と答えたが、それを額面通りに受け取ることはできない。角を打てば、先手の応手は[先]4五歩、[先]3九金、[先]3七桂に絞られる。ここで研究を打ち切るはずがない。

 渡辺は3度目の熟考に沈み、本線と見られていた[先]3七桂を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文805文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集