メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌えない「故郷」

東日本大震災6年半/4止 「自然と暮らす」再び 村民の思い、込めた4番

同級生と一緒に祖父母の細杉朝雄さん(右から2人目)と今朝代さん(同3人目)の家を訪れたくるみさん(同4人目)=福島県飯舘村で、喜屋武真之介撮影

までいの心めぐりて 私たちの故郷

 福島県飯舘村の避難指示が解除された3月31日、帰還する人たちが村の「おかえりなさい式典」に集まった。唱歌「故郷(ふるさと)」の合唱が始まると、細杉今朝代(けさよ)さん(62)は、先祖代々の土地を離れた6年の暮らしが頭を駆けめぐった。

 一つ驚いたことがあった。この歌に4番が加わっていたことだ。

 <胸に生きる思い出 いつも村を思わん までいの心めぐりて 私たちの故郷>

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1056文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]