メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌えない「故郷」

東日本大震災6年半/4止 「自然と暮らす」再び 村民の思い、込めた4番

同級生と一緒に祖父母の細杉朝雄さん(右から2人目)と今朝代さん(同3人目)の家を訪れたくるみさん(同4人目)=福島県飯舘村で、喜屋武真之介撮影

 福島県飯舘村の避難指示が解除された3月31日、帰還する人たちが村の「おかえりなさい式典」に集まった。唱歌「故郷(ふるさと)」の合唱が始まると、細杉今朝代(けさよ)さん(62)は、先祖代々の土地を離れた6年の暮らしが頭を駆けめぐった。

 一つ驚いたことがあった。この歌に4番が加わっていたことだ。

 <胸に生きる思い出 いつも村を思わん までいの心めぐりて 私たちの故郷>

 4番の作詞は昨年の村制60周年の記念事業として村が発案した。原発事故で福島市に移転している飯舘中の生徒がそれぞれ歌詞を作り、福島市の詩人、伊武トーマさんが昨年8月に一つにまとめあげた。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「楽しみあい、渡しあう家族」主演ニノが語る映画「浅田家!」 10月2日公開

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです