メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

面前DVに遭って 第2章/中 心のケア、不足する受け皿

記者に宛てた手紙。面前DVを受けた子どもの様子がつづられている=長谷川直亮撮影

 ●相談窓口はどこ?

 ドメスティックバイオレンス(DV)家庭で育つ子どもをテーマに取材を続ける記者宛てに、1通の手紙が届いた。

 <5歳の娘がいますが昨年から精神的に不安定になりました。症状は摂食障害、登園拒否、吐き気の訴えです。カウンセリングを受けられる場所を教えていただきたくお手紙を書かせてもらいました>

 差出人は女性。手紙には、夫からのモラルハラスメント(精神的暴力)で追い詰められ別居したこと、女性への暴言を見聞きした娘に異変が生じたことなどが詳細につづられていた。

この記事は有料記事です。

残り1941文字(全文2178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです