衆院選2017

打倒1強、民進捨て身 35分で静かに幕 「全員納得」「なぜ離党」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
民進党の両院議員総会で衆院選の対応について提案を行い、党役員に対して一礼する前原誠司代表(奥)=東京都千代田区の民進党本部で28日午後2時5分、手塚耕一郎撮影
民進党の両院議員総会で衆院選の対応について提案を行い、党役員に対して一礼する前原誠司代表(奥)=東京都千代田区の民進党本部で28日午後2時5分、手塚耕一郎撮影

 衆院が28日解散され、事実上の選挙戦に突入した。かつて政権を奪取した野党第1党は、「首都の顔」が率いる新党への合流を決めた。歓迎と不安が交錯する中、急転直下で進む政界再編。有権者たちは、誰に何を託すのか--。【杉本修作、内橋寿明、金森崇之】

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文973文字)

あわせて読みたい