メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治体シリーズ

首長に聞く 市制施行80周年 愛媛・新居浜市 歴史と文化を未来へ

 江戸時代に採掘が始まった別子銅山を背景に、住友の企業城下町として繁栄を遂げた新居浜市。1937年に市制を施行し80年、幾度の編入合併などを経て現在の市勢となった。市政施行80周年を機に市は多くの記念事業を実施し、未来に向けた戦略にも取り組む。「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」への期待と合わせ、石川勝行市長に聞いた。【聞き手は毎日新聞松山支局次長・久保聡】

 --新居浜市市制施行80周年について教えてください。

この記事は有料記事です。

残り2710文字(全文2916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです