メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

脳卒中 生活習慣病改善で予防 しびれや言葉の障害、要注意

 脳卒中は、日本人の死因でがん、心臓病、肺炎に次いで第4位となっており、発症すると寝たきりや認知症の原因となる恐れもある。健康寿命を延ばすため、脳卒中をいかに予防したらいいのだろうか。県立中央病院(高松市朝日町1)の河内正光副院長(61)に話を聞いた。【聞き手、毎日新聞高松支局長・成沢健一】

 -脳卒中は正式には脳血管障害と呼ばれているようですが、どのように分類されているのでしょうか。

 ◆大きく分けて脳梗塞(こうそく)と脳出血に分けられます。「卒」というのは「急に」で、「中」には「当…

この記事は有料記事です。

残り2552文字(全文2795文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです