医療ミス

鎮痛剤10倍投与 69歳女性が死亡 水戸の病院

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 水戸市の水戸済生会総合病院で、拡張型心筋症の手術を受けた茨城県内の女性患者(69)が10倍の量の痛み止め薬を投与され、その後死亡していたことが28日、病院への取材で分かった。病院は医療ミスと認めて遺族に謝罪し、調査委員会を設置して原因を調べる方針。

 病院によると、女性は9月1日に入院し、14日に手…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

あわせて読みたい

注目の特集