メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動・衆院選2017

希望、期待に温度差 有権者「自民におきゅう」「結局寄せ集め」

 全国の有権者は、安倍晋三首相の衆院解散、東京都の小池百合子知事が率いる「希望の党」をどうみているのか。各地で聞いた。【まとめ・関谷俊介】

 「このタイミングの解散はおかしい」。福岡市のアルバイト男性(38)が語るように北朝鮮情勢が緊迫する中での解散に疑問の声を上げる人は多い。また、消費税増収分の使途を教育無償化に変更するなど首相が挙げる解散理由にも疑いの目が向けられる。大阪市の主婦、福井克美さん(41)は「有権者が納得しやすそうな理由を取って付けた」と指摘する。

 希望の党に対しては期待の温度差がある。「(自民党に)おきゅうを据えるような役割を果たしてほしい」と…

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1508文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立命館大元准教授、イラクで拘束か テロ容疑で手配中
  2. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  3. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係
  4. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  5. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです