メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄ライオンズ最強伝説

エピローグ 福岡を去る

 1958年に3年連続日本一を果たした西鉄ライオンズの栄華は長くはなかった。翌年は4位で、故三原脩監督は大洋ホエールズに移り、後を継いだ故川崎徳次監督も2年連続3位に終わった。

 62年、球団は28歳の中西太さん(84)を監督に据え、27歳の故豊田泰光さんを助監督、24歳の故稲尾和久さんをコーチに就ける、いずれも選手兼任の「青年内閣」を発足。だが機能せずに3位。豊田さんは国鉄スワローズへ移籍した。

 63年は外国人3選手が活躍し、5年ぶりにリーグ制覇。福岡拠点のライオンズの最後の優勝となった。日本…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです