特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

民進合流「全員はない」…小池氏、前原氏と会談

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「希望の党」の小池百合子代表(東京都知事)と民進党の前原誠司代表は29日午前、東京都内で会談し、10月10日公示の衆院選に向け候補者調整を急ぐ方針を確認した。しかし、民進党から希望の党への合流希望者について、小池氏は会談後、「全員を受け入れるということはさらさらない」と記者団に語り、同氏側で選別する方針を重ねて示した。民進党内では反発が出ており、協議の着地点は見通せていない。

 前原氏は会談で、合流方針を了承した28日の民進党両院議員総会の状況を小池氏に説明。両氏は「政権交代を実現するためにはどうしたらいいか、大所高所から考えていこう」という見解で一致した。

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1019文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る