特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院解散

「なぜ今」 かすむ復興

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆議院の解散を伝えるテレビ中継に見入る市民=福島市太平寺のケーズデンキ福島南本店で2017年9月28日午後0時11分、高井瞳撮影
衆議院の解散を伝えるテレビ中継に見入る市民=福島市太平寺のケーズデンキ福島南本店で2017年9月28日午後0時11分、高井瞳撮影

 衆議院が28日に解散した。安倍晋三首相は「国難突破」を掲げて消費税の使途変更と北朝鮮への対応について国民の信を問うと強調した。福島県内有権者からは解散の「大義」に理解を示す声がある一方で、「今、どうして解散なのか」と疑問視する意見も少なくない。【衆院選取材班】

 「解散する意味が分からない。震災から6年半がたつが、国の復興への優先順位は下がったように感じる」

 東京電力福島第1原発が立地し全町避難が続く大熊町から約100キロ離れた会津若松市宮町に避難している飲食店オーナー、小椋真理子さん(33)は話す。

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1258文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る