JR四国

“豪華じゃない列車”快走 価格リーズナブル!

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR四国が運行する観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の車両=香川県多度津町のJR多度津駅で
JR四国が運行する観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の車両=香川県多度津町のJR多度津駅で

 今年4月に運行を始めたJR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」が好調だ。JR各社が数十億円をかけた豪華列車を次々に投入する中、苦しい経営が続くJR四国の売り物は親しみやすさと手軽さ。民家の室内にいるような内装とリーズナブルな価格設定が受け、乗車率は95.4%(8月末現在)とほぼ満員の状態が続く。【岩崎邦宏】

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文881文字)

あわせて読みたい

注目の特集